【解決】MacのWi-Fiが接続できない/速度が遅いバグ不具合障害の対処設定方法

 Appleから発売されている最新モデル「MacBookAir」「MacBookPro」「iMac」などのMacシリーズを利用している際に何らかの不具合が原因で「これまで接続可能であった公衆無線LAN・Wi-Fiスポットに繋がらない!インターネット速度が遅い!調子が悪い!」などのバグが一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

 

 下記が『【解決】iMac/MacBookAir/ProのWi-Fi接続ができない/インターネット速度がでないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです 

  1. 「ホーム画面」→「リンゴマーク」→「システム環境設定」→「ネットワーク」→「Wi-Fiを切りにする」を選択します
  2. 「iMac/MacBookAir/Pro」に現在接続済みの公衆無線LAN・Wi-Fiスポット以外の接続先を選択します
  3. 「ホーム画面」→「リンゴマーク」→「システム環境設定」→「ネットワーク」→「詳細」→「DNS」→「+」→「8.8.8.8」を入力します
  4. 「ホーム画面」→「リンゴマーク」→「システム環境設定」→「ネットワーク」→「TCP/IP」→「IPv6の設定」を「リンクローカルのみ」を選択します
  5. 「ホーム画面」→「Finder」から「↑」キー、「Command」キー、「G」キーを同時押し、「SystemConfiguration」という名前のフォルダ内にある下記のファイルを削除し、その後再設定してください。
  • com.apple.airport.preferences.plist
  • com.apple.captive.probe.plist
  • com.apple.network.eapolclient.configuration.plist
  • com.apple.wifi.message-tracer.plist
  • NetworkInterfaces.plist
  • preferences.plist
  • Macパソコン上で発生しているバグ不具合障害が解決しない場合は下記の方法をお試しください
  1. 「デスクトップ画面」→「Finder」→「アプリケーション」→「MacAppStore」→「アップデート」から不具合の発生しているアプリなどを最新バージョンにアップデートします
  2. 「デスクトップ画面」→「Finder」→「アプリケーション」から「MacAppStore」からアプリをインストールします
  3. 「デスクトップ画面」→「Finder」→「アプリケーション」から「MacAppStore」からキャッシュファイルを削除することができるアプリなどをインストールし、パソコン内のキャッシュファイルを削除してください
  4. 「デスクトップ画面」→「Finder」→「アプリケーション」から不要なアプリや「MacAppStore」以外からインストールしたアプリをアンインストール(削除)してください
  5. 「デスクトップ画面」→「Finder」→「アプリケーション」からパソコン上で使用している「Safari」または「Chrome」などのブラウザから「キャッシュ」や「閲覧履歴」を削除してください
  6. 「デスクトップ画面」→「リンゴマーク(画面左上)」→「システム環境設定」→「省エネルギー」を選択→「デフォルトに戻す」を選択します
  7. 「デスクトップ画面」→「リンゴマーク(画面左上)」→「システム環境設定」→「TimeMachine」を選択し、以前に作成したバックアップから「Mac」本体のデータを復元してください
  8. 「デスクトップ画面」→「リンゴマーク(画面左上)」→「システム環境設定」→「ネットワーク」から別のWi-Fi・公衆無線LANなどの接続先を選択するか、接続先の「DNS」を変更してください
  9. 「デスクトップ画面」→「リンゴマーク(画面左上)」→「再起動」または「システム終了」から「Mac」本体の電源を落とし、再度「電源ボタン」を押し、本体を再起動し、同じ設定を行ってください