【解決】Windows11でリカバリーディスクを作成/保存できない場合の対処設定方法

 『Windows11』にて「本体上にて『リカバリーディスク』を作成できない!保存できない!」などの対処設定方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生しているようです

 下記が『【解決】「Windows11」でリカバリーディスクを作成/保存できない場合の対処設定方法』についてのまとめです

  1. 「デスクトップ画面」から「スタートメニュー」を選択し、検索窓から「コントロールパネル」を入力・選択してください
  2. 「コントロールパネル」画面から「システムとセキュリティ」を選択→「セキュリティとメンテナンス」→「回復」→「回復ドライブの作成」を選択→「はい」を選択→「次へ」→「作成」を選択したら完了です
  3. 【追記】:ちなみに「コントロールパネル」の「システムとセキュリティ」の「バックアップと復元(Windows7)」を選択すると、Windows7の同機能が使えます
  • 上記の設定で「Windows11」上の問題を解決できない場合の対処設定方法についてのまとめです
  1. 「デスクトップ画面」→「MicrosoftEdge」などの使用中のブラウザを最新バージョンにアップデートしてください
  2. 「デスクトップ画面」→「MicrosoftEdge」などの使用しているブラウザの「バージョン情報」から最新バージョンにアップデートされていることを確認してください
  3. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「マイコンピュータ」から「Windows11」以上のバージョンであることを確認してください
  4. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「再起動」もしくは「シャットダウン」を選択してください
  5. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」から公式ストア以外からインストールしたソフトを消去してください
  6. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「WindowsUpdated」からマイナーアップデートを行ってください
  7. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「更新プログラムをチェック」を選択し、最新バージョンに更新してください