【噂】2017年版「iPhone8」は曲面ディスプレイを搭載?全面ディスプレイの可能性も?

 先日、MyDriversというサイトによると、Appleから2017年内にも正式発表・発売することが予想されている最新モデル「iPhone8」では、シリーズ初となる画面の両サイドが湾曲した曲面ディスプレイを搭載する予定であると市場調査会社IHSTechnology社のKevin Wang氏がリーク報告しています。

 

 同氏によると、未発表モデル「iPhone8」に搭載される予定の曲面ディスプレイは、韓国のSamsung社から発売されている「GALAXYS7 edge」の両サイドにも採用されている湾曲ディスプレイが搭載される方針です。

 次期モデル「iPhone8」に関しては、これまでにも「AMOLED(有機ELディスプレイ)」や「タッチセンサー式ホームボタン」などが標準搭載するなどの噂がありました。

 そうした中で、MacRumorsというサイトによると、Daring FireballのJohn Grube氏が「2017年に発売される予定の次期モデル『iPhone8』は、FaceTimeとTouchIDがディスプレイ部分に統合され、本体のフロント部分は全面ディスプレイになり、スピーカーやセンサーなどは裏側に搭載されるとリーク報告しています。