iPhone7のホームボタンはタッチセンサー式?実機画像がリーク!

 先日、Mobipickerというサイトによると、Appleから2016年内にも正式発表・発売される予定の次期モデル「iPhone7」シリーズに搭載される予定のホームボタン部分を含めた実機画像をリーク報告しています。

 

 上記が同サイト内にてリーク報告されている最新モデル「iPhone7」の実機画像ですが、ホームボタン付近が「タッチセンサー」式に仕様変更されており、現行モデル「iPhone6S」など比較しても、ホームボタン付近が出っ張ることなく、フラットなデザインになっていることがわかります。

 同サイトによると、次期モデル「iPhone7」のホームボタンでは、ホームボタンを押し込む旧式タイプからボタン付近をタッチやダブルタップで操作することが可能となっており、指紋認証システム「TouchID」の認識速度がより高速化しているとリーク報告しています。

 他にも同サイトによると、同モデルの「FaceTime」カメラの位置が現行モデルから変更され、センサー用の穴も楕円形に変更、新カラーが追加、5.5インチモデルについては「SmartConnector」にも対応しているとリーク報告しています。