読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【噂】2017年のiPhone8に搭載される「今までにない革新的な操作感覚」の正体とは?

 先日、日本経済新聞というサイトによると、Appleから2017年にも正式発表・発売することが予想されている最新モデル「iPhone」シリーズはこれまでより発色が良くなり、有機ELディスプレイを搭載することにより省電力を実現化、大幅なデザインの変更や機能面の向上などが見込まれると報告しています。

 さらに同モデルでは、「高性能小型モーター」技術を駆使し、ディスプレイ全体を振動させることで、これまでにユーザーが体験したことのない革新的な操作感覚を生み出す技術を開発中であると報告しています。

 この「高性能小型モーター」については、現行モデル「iPhone6S」に搭載されている「3DTouch」機能にも使われている「Taptic Engine」技術が応用されていると考えられます。

 以前にも「【噂】2017年版「iPhone8」は曲面ディスプレイを搭載?全面ディスプレイの可能性も?」内で紹介した通り、次期モデル「iPhone8(仮称)」では「GALAXYS7 edge」にも搭載されている曲面ディスプレイを両サイドに採用する方針があることや「タッチセンサー式ホームボタン」、「全面ディスプレイ」化が実現するなどリーク情報が報告しています。

次期モデル「iPhone7」と「iPhone8」の気になるリーク情報

 また日本経済新聞というサイトによると、これまで2年周期であった「iPhone」の大型アップグレードの更新時期を「1年」延長する見通しとなっており、今秋発売予定の「iPhone7」は小幅な改良のみとなっており、2017年に大幅な仕様変更が行われると考えられます。

 ちなみに、AppleのCEOであるティム・クック氏は「iPhone7ではそれなしで生きてはいけないほどの新機能を搭載する」と宣言しており、次期大型アップグレードバージョン「iOS10」にも注目が集まります。