新型モデル「iPhone6C」は2016年4〜6月に正式発表・発売予定?低消費電力化を実現か?

  先日、DigiTimesというサイトがAppleの関係者から得たリーク情報によると、Appleから将来的にも正式発表・発売することが予想されている廉価版『iPhone5C』の次期モデル『iPhone6C』は「14/16nm FinFET」プロセッサを搭載し、2016年第2四半期(4〜6月)に発売されると報告しています。

 

 

 同サイトによると、このプロセッサは既に「TSMC」社や「Samsung」社が製造しており、当初の予定であった「20nm」から「14/16nm」に変更されたことにより、これまで以上に低消費電力化を実現していると報告しています。