読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「iPhone6S/6SPlus」のバッテリー持ちの比較時間は「iPhone6/6Plus」よりかなり悪化?

 先日、redmondpieというサイトによると、Appleから2015年に正式発表・発売された最新モデル『iPhone6S/6SPlus』と2014年に正式発表・発売された旧モデル『iPhone6/6Plus』に搭載されているバッテリーの駆動時間の比較を行った動画をYouTube内にて公開しています。

 

 

 同サイトが公開した動画によると、両モデルで同一の動画を流し続けるという実験で行われており、合計で4回のテストが行われています。

 気になる結果ですが、最新モデル「iPhone6S」と旧モデル「iPhone6」の場合は約「24%」のバッテリー残量差が発生しており、旧モデル「iPhone6」が圧勝していることが分かります。

 次に最新モデル「iPhone6SPlus」と「iPhone6Plus」の場合は、約「10」%のバッテリー残量差が発生しており、旧モデル「iPhone6Plus」が辛勝していることが分かります。