読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【iOS9】iPhone6Sでアプリが重い・落ちる・起動が遅い/しないバグ不具合の対処設定方法

 先日、Appleから最新モデル『iPhone6S』や『iPhone6SPlus』などのiOSデバイス向けにリリースされたマイナーアップデートバージョン『iOS9.0.1』と『iOS9.0.2』ですが、アップデート後に一部のユーザー間で「アプリの動作が重い!遅い!落ちやすくなる!カクつく!」などのバグ不具合が発生しているそうです。

 

 

 下記が『【対処】「iOS9.0.1/9.0.2」でアプリの動作が重い・落ちる・カクつく・遅くなる不具合バグの改善設定方法』についてのまとめです。

  1. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」を選択
  2. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」を選択
  3. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンをダウンロード
  4. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「Appのバッググラウンド更新」をオフ
  5. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「コントラストを上げる」→「透明度を下げる」をオン
  6. 「ホームボタン」と「スリープボタン」を同時押し→iOSデバイスを再起動