【回避】YouTubeで年齢制限をログインせずに視聴する設定方法

 Appleから発売されている最新モデル「iPhone6S」や「iPadPro」などのiOSバイスやAndroidスマートフォンタブレット向けにGoogleから提供されている大手動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」を利用している際に「年齢制限や国や地域を限定されている動画を視聴できない!閲覧できない!見れない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

 下記が『【解決】YouTubeアプリで年齢制限を解除して動画を視聴する裏技設定方法』についてのまとめです

  1. 「ホーム画面」→「Safari」や「Chrome」などのブラウザから「年齢制限」が設けられている動画の「URL」をコピーします
  2. 「ホーム画面」→「Safari」や「Chrome」などのブラウザから「URL(アドレスバー)」から①のURL内の「watch?v=」の部分を「/v」に変更したURLをペーストし、アクセスすることで、「埋め込み許可」の動画に関しては視聴可能です
  3. 【追記】:上記の方法で視聴できない場合は「Googleアカウント」を作成し、「生年月日」を19歳以上に変更し、再度ログインする必要があります