次期モデル『XperiaZ6』は省バッテリー化を実現?スマートフォン事業も撤退なし?

 先日、FOCUS TAIWANというサイトによると、ソニーモバイルの台湾支社のジェネラル・マネージャー「林志遠」氏は「ソニースマートフォン事業から撤退する予定はない」と述べており、次期モデル「XperiaZ6」シリーズの将来像についても述べています。

 

 

 同氏はインタビュー内にて、「今後よりユーザリティの為にカメラ、スクリーン、省電力を実現化したスマートフォンを提供する予定である」と報告しています。

 この発言が最新モデル『XperiaZ5Premium』や『XperiaZ5Compact』を指しているかは不明ですが、もしかしたら次期モデル『XperiaZ6』に搭載される予定のスペック仕様面での将来像かもしれません・・。