読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【対処】WindowsUpdateの自動更新による再起動させない設定方法

 Microsoft社から提供されている旧型バージョン「WindowsXP」「Windows7」「Windows8」「Windows8.1」を搭載したパソコンを最新バージョン『Windows10』を利用している際に「夜中などに発生するWindowsの自動更新(WindowsUpdate)によって、作業中のデータが消えた!再起動するのを防止したい!自動更新を解除したい!などのエラー不具合障害や要望が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

 

 

 下記が『【解決】Windowsパソコンの自動更新(WindowsUpdate)後の再起動を止める裏技設定方法』についてのまとめです

  1. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「ファイル名を検索して実行」に「gpedit.msc」を入力します
  2. 「ローカルグループポリシーエディター」画面にて「ローカルコンピューターポリシー」→「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」を選択します
  3. Windowsコンポネート」→「WindowsUpdate」→「スケジュールされた自動更新のインストールで、ログインしているユーザーがいる場合に自動的に再起動しない」を有効にします
  4. 「WindowsUpdate」画面にて「Windows Updateの電源管理を有効にして、システムのスリープ状態が自動的に解除され、スケジュールされた更新がインストールされるようにする」もオフにします