読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【削除】Windows7のバックアップを消してHDDの空き容量を増やす方法

 Microsoft社から発売されている旧型モデル「Windows7」を搭載したパソコンを利用している際に古いデータのバックアップが自動的に保存されたことが原因で、HDD(Cドライブ、Dドライブ、Fドラウイブ)の空き容量を圧迫し、パソコン自体の動作やハードディスク本体の読み込みが遅くなる!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。

 

 下記が『【解決】Windows7の古いバックアップのデータを削除し、HDD(ハードディスク)の空き容量を増やす設定方法』についてのまとめです

  1. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「すべてのコントロールパネル項目」→「バックアップと復元」を選択します
  2. 「バックアップ」欄の「領域の管理(M)」を選択→「データファイルのバックアップ」欄の「バックアップの表示」→「Windows バックアップディスク領域の管理」から不要なバックアップを削除します