【解決】Windows7の「エクスプローラーは動作を停止しました」エラー不具合の対処設定方法

 Microsoft社から提供されている旧型バージョン「Windows8」と「Windows8.1」を搭載したパソコンを利用している際に「エクスプローラーの動作を停止しました。この問題を解決策を確認しています」画面でフリーズするバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。

 

 下記が『【解決】「Windows7」の「エクスプローラーは動作を停止しました」バグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

  1. 【『フォルダオプション』を利用する】:「スタート」→「コントロールパネル」→「デスクトップとカスタマイズ」→「フォルダオプション」を選択します
  2. 「表示」タブを開く→「フォルダとデスクトップの項目〜」、「フォルダのヒントに〜」、「プレビューウィンドウで〜」、「別のプロセスで〜」にチェックを入れる
  3. 【『修正プログラム』を利用する】:マイクロソフトサポート」内の「修正プログラム」をダウンロードします
  4. 【『ネットワークの探索』の無効化】:「スタート」→「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」→「共有の詳細設定の変更」を選択します
  5. 「ホームまたは社内(現在のプロファイル)」欄の「ネットワーク探索を無効にする」を選択します
  6. 【『システムサービス』の無効化】:キーボードで「Windows」キーと「R」キーを同時押し→「services.msc」を検索→「システムサービス」欄の「WinHTTP Web Proxy Auto-Discovery Service」無効化にします