【対処】Windows10プログラムを入手する/推奨される更新プログラムを無効化する設定方法

 Microsoft社から提供されている旧型バージョン「Windows7」「Windows8」「Windows8.1」を搭載したパソコンを利用している際に「『Windows10』への無償アップグレードを促す「更新プログラム」や「推奨される更新プログラム」が表示される!削除できない!キャンセルできない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

 下記が『【解決】「Windows10プログラムを入手する」や「推奨される更新プログラム」をエラーコードを消せないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

  1. 【その①】:デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」を選択します
  2. 「システムとセキュリティ」→「WindowsUpdate」を選択→「重要な更新プログラム」欄を「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかを確認する」に変更します
  3. 【その②】:「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」を選択します
  4. 「更新プログラムの確認」を選択→「1個の重要なプログラムが利用可能です」を選択します
  5. 「インストールするプログラム更新の選択」画面にて「KB3035583」を右クリック→「更新プログラムの非表示」を選択します