【裏技】Windows10の起動時間を高速化/短縮する設定方法

 米Microsoft社から提供されている旧型バージョン「Windows7」「Windows8」「Windows8.1」を搭載したパソコンを最新バージョン「Windows10」にアップグレード後に「OSの起動時間を短縮するために新たに追加された新機能『高速スタートアップ』機能が使えない!有効化できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

 下記が『【解決】Windows10アップグレード後に起動速度を高速化・スピードアップする裏技設定方法』についてまとめです

  1. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」を選択します
  2. 「すべてのコントロールパネル項目」から「電源オプション」を選択→「電源ボタンの動作を選択」を選択します
  3. 「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」の画面にて「現在利用可能ではない設定を変更します」を選択→「高速スタートアップを有効にする(推奨)」を選択します
  4. 【高速スタートアップがない場合】:「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コマンドプロンプト(管理者)」を選択します
  5. powercfg /h on」を入力し、「コントロールパネル」を終了→「電源オプション」から「再起動」を終了します