【解決】Windows10アップグレード後にフリーズ固まるバグ不具合障害の対処設定方法

  米Microsoft社からリリースされている最新バージョン「Windows10」を搭載したパソコンを利用している際に「起動するまでの時間がWindows7/8より遅い!アップグレード後にもフリーズする!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。

 

 下記が『【解決】「Windows10」にアップグレード後にフリーズ固まるバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

  1. Windowsキー」と「Xキー」を同時押し→「セキュリティとメンテナンス」→「解決策の確認」を選択し、フリーズの原因を確認します
  2. Windowsキー」と「Xキー」を同時押し→「タスクマネージャー」→「スタートアップ」など現在動作している不要なアプリケーションを停止します
  3. Windowsキー」と「Xキー」を同時押し→「コマンドプロト」→「sfc/scannow」と入力し、「Enter」キーを押す
  4. Windowsキー」と「Xキー」を同時押し→「コマンドプロト」→「Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」と入力し、「Enter」キーを押します
  5. 「デスクトップ画面」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「詳細オプション」→「更新プログラムのインストール方法を選ぶ」を「自動」にします
  6. 「コントロールパネル」→「管理ツール」→「Windowsメモリ診断」から「メモリエラーが検出されませんでした」と表示されないのを確認します