読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【対処】Windows10で隠しファイル/フォルダを表示する設定方法

  Microsoft社から提供されている旧型バージョン「Windows7」「Windows8」「Windows8.1」を搭載したパソコンを最新バージョン『Windows10』にアップグレード後、「第三者に見られたくないファイルやFolderを非表示にしたい!隠したい!再表示できないなどのエラー不具合障害や要望が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

 下記が『【解決】Windows10アップグレード後にファイルやフォルダを非表示にする裏技設定方法』についてのまとめです

  1. 「デスクトップ画面」や「マイドキュメント」などから非表示にしたいファイル・フォルダを右クリック→「プロパティ」を選択します
  2. 「全般」タブの「属性」欄にある「隠しファイル」を選択→「OK」を選択します
  3. 「属性変更の確認」から「この変更をこのフォルダのみに適用するか、またはすべてのサブフォルダやファイルにも適用するか選択してください」画面にて「変更をこのフォルダ、サブフォルダおよびファイルに適用する」を選択→「OK」を選択します
  4. 「表示」タブの「オプション」→「フォルダオプション」から「表示」タブの「隠しファイル、隠しフォルダ、または隠しドライブを表示しない」を選択→「OK」を選択します