【対処】Windows10アップグレード後に同期の自動設定をオフにする改善方法

  Microsoft社から提供されている最新バージョン「Windows10」を搭載したパソコンを利用している際に「旧型バージョン『Windows8.1』や『Windows7』からアップグレード後にテーマ、パスワード、言語設定、InternetExplorerなどの設定の同期が自動的にオンになっている」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

 下記が『【解決】Windows10アップグレード後に全ての項目の同期をオフする設定方法』についてのまとめです

  1. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「PC設定」→「アカウント」→「同期の設定」を選択します
  2. 「設定の同期」画面から「同期の設定」をオフにしたら完了です。ちなみに下部の設定から機能を個別にオン・オフを設定することが可能です
  3. 【追記】:上記の設定を実行しても反映されない場合は、「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」からパソコンを「再起動」、「電源オフ」してください