【解決】Windows10で画面が真っ暗になる/カーソルしか表示されない場合の設定方法

 Microsoft社から提供されている旧型バージョン「Windows7」「Windows8」「Windows8.1」を搭載したノート・デスクトップパソコン向けにリリースされている最新バージョン『Windows10』にアップグレード後「画面が真っ暗になる!何も表示されない!カーソルだけ表示されるなどのエラー不具合障害や要望が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

 

 下記が『【解決】Windows10アップグレード後に画面が真っ暗になる!カーソルだけになるバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

  1. 「Windows10」を起動→白い円が回っている場面で「電源ボタン」を長押し、これを3回連続で行います
  2. 「自動修復」画面にて「PCが正常に起動できませんでした」を「再起動」を選択→「トラブルシューティング」を選択します
  3. 「詳細オプション」→「スタートアップの設定」→「再起動」→「スタートアップ設定」画面にて「低解像度ビデオを有効にする(F3)」を選択します
  4. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「設定」→「更新とセキュリティ(WindowsUpdate、回復)」→「更新プログラムのチェック」を選択します
  5. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「電源」→「再起動」もしくは「電源オフ」から電源をオンにします
  6. 「Windows10」を搭載したパソコンをディスプレイに接続している場合はケーブルの差し込みを抜き差しします