【対処】Windows10で最低限するべきプライバシー/個人情報を保護する設定方法

 Microsoft社から提供されている最新バージョン「Windows10」を搭載したパソコンを利用している際に「会社や家で使うのに個人情報を第三者に流出したくない!ウィルスに感染した場合のためにプライバシー設定を強化したい」などの要望が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

 下記が『【解決】Windows10で最低限するべきプライバシー個人情報の保護対処設定方法』についてのまとめです

  1. 「デスクトップ画面」→「設定」→「プライバシー」→「全般」→「入力に関する情報をMicrosoftに送信して、タイピングと手描きの今後の改善に役立てる」をオフにします
  2. 「デスクトップ画面」→「設定」→「プライバシー」→「位置情報」→「変更」を選択→「オフ」にします
  3. 「デスクトップ画面」→「設定」→「プライバシー」→「カメラ」→「アプリがカメラを使うことができる」をオフにします
  4. 「デスクトップ画面」→「設定」→「プライバシー」→「マイク」→「アプリがマイクを使うことができる」をオフにします
  5. 「デスクトップ画面」→「設定」→「プライバシー」→「音声認識手書き入力、タイピング」→「自分の情報を知らせない」をオンにします