【節約】Windows10でバッテリーの減りが早い/異常消費する場合の設定方法

 米Microsoft社から提供されている旧型バージョン「Windows7」「Windows8」「Windows8.1」を搭載したパソコンを最新バージョン「Windows10」にアップグレード後に「以前のバージョンと比較しても電池やバッテリーの減りが早い!異常消費する!ノートパソコンなので困る!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

 下記が『【解決】Windows10アップグレード後にWindowsパソコンのバッテリーを節約する設定方法』についてまとめです

  1. 【その①】:「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「設定」→「システム(ディスプレイ、通知、アプリ、電源」を選択します
  2. 「システム」画面にて「バッテリー節約機能」→「バッテリー節約機能の現在の状態」をオンにします
  3. 【その②】:「システム」画面にて「バッテリー節約機能」の「バッテリーの使用状況」→「バッググラウンドアプリの設定を変更する」を選択します
  4. 「アプリのバッググラウンド実行を許可する」から不要なアプリケーションをオフにします
  5. 【その③】:「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「設定」→「デバイス(Bluetooth、プリンター、マウス)」を選択します
  6. 「デバイス」画面にて「Bluetooth」をオフにします
  7. 【その④】:「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「設定」→「ネットワークとインターネット(Wi-Fi機内モードVPN)」を選択します
  8. 「ネットワークとインターネット」画面にて「Wi-Fi」→「ワイヤレスネットワーク接続」をオフにします
  9. 【その⑤】:「デスクトップ画面」→「Windowsストア」→「アカウント」→「設定」を選択→「設定」画面にて「アプリ更新」をオフにします