読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【解決】Windows7/8/10の空きストレージ容量を増やす設定方法

 Microsoft社からリリースされている最新バージョン「Windows10」や以前のバージョン「Windows7」や「Windows8.1」を搭載したパソコンを利用している際に「不要なファイルが溜まって、パソコン本体のストレージ(ROM)容量を圧迫する」などのトラブル不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。

 下記が『【裏技】Windows7/8/10の空きストレージ容量を増やす対処設定方法』についてのまとめです

  1. 【その①】:「デスクトップ画面」→「マイコンピュータ(PC)」→「デバイスとドライブ」の「ローカルディスク」を右クリックします
  2. 「プロパティ(R)」を選択→「ディスクのクリーンアップ」を選択→「インターネット一時ファイル」、「一時Windowsインストールファイル」、「以前のWindowsのインストール」などの不要なオプションにチェックを入れ「OK」を選択します
  3. 【その②】:「プロパティ」を選択→「ディスクのクリーンアップ」→「システムファイルのクリーンアップ」を選択します
  4. 「その他のオプション」タブの「クリーンアップ」を選択→「削除」を選択します