【対処】Windows10アップグレード後にパソコンの動作が重い場合の設定方法

 Microsoft社から提供されている最新バージョン「Windows10」を搭載したパソコン向けにリリースされた最新バージョン「KB3156421(ビルド番号:10586.318)」をインストール後、パソコンの動作が重い!もっさりする!などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです。

 下記が『【解決】Windows10アップグレード後にパソコンの動作が重い!動かない!起動しないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

  1. 【その①】:「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「Cortana」を起動→「設定」を選択→「Cortanaは、おすすめの最新情報の表示、リマインダーや通知を設定、その他さまざまなことができます。」をオフにします
  2. 【その②】:「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「プログラムのアンインインストール」を選択します
  3. 「インストールされた更新プログラムの表示」→画面右上の「KB3156421」と入力し、該当のファイルをアンインインストールします
  4. 【その③】:「デスクトップ画面」→「マイコンピュータ」→「コンピューター」タブの「PC」を右クリックします
  5. 「プロパティ」→「システムの詳細設定」→「詳細設定」タブの「設定」から「視差効果」を「パフォーマンスを優先にする」を選択し、「適用」を選択します
  6. 【その④】:「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「再起動」を選択します