6月13日にWWDCを開催!iOS10やApplePayの国内提供などが正式発表予定?

 先日、Apple公式サイト内にて、2016年度の開発者向けイベント「WWDC」を現地時間の6月13日から6月17日までアメリカ・サンフランシスコのモスコーニ・ウエストで開催する予定であると、音声アシスタント「Siri」が報告しているようです。

 同イベント内にて具体的に何が正式発表されるかは未定ですが、例年通りのスケジュールになるとした場合、現行モデル「iPhone6S」や「iPadPro」などのiOSデバイス向けの最新バージョン「iOS10」、ウエアラブルデバイス「AppleWatch」向けの「WatchOS2」、Macシリーズ向けの「OS10.12」が正式発表されると考えられます。

 今のところ、次期大型アップデートバージョン「iOS10」の注目の新機能は、「株価」や「ヒント」などの標準アプリを非表示することができる機能が追加されると報告されています。

 他にも、日本国内向けの独自決済システム「ApplePay」のサービス開始時期、ニュース標準アプリ「News」の対応、定額音楽配信サービス「AppleMusic」のハイレゾ音源対応などが噂されています。