【解決】Twitterアプリに接続できない/繋がらないバグ不具合障害の対処設定方法

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6S』や『iPodtouch6』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォンタブレット向けに配信されているSNSアプリ「Twitterツイッター)」を利用している際に、Twitterアプリが繋がらない!サーバーに接続できない!アクセスできない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で発生しているそうです。

 下記が『【解決】「Twitter」アプリでサーバーに接続できない/繋がらないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

  1. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「Twitter」を最新バージョンにアップデートします
  2. 「ホーム画面」→「Safari」→「Twitter.com(パソコン版)」にアクセスし、通常通り接続できるかを確認します
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップデートします
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LANWi-Fiスポット以外の接続先に変更する
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「機内モード」をオン・オフを繰り返す、もしくは「コントロールセンター」から「機内モード」をオン・オフを繰り返す
  6. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「モバイルデータ通信」から「4G」や「3G」などのネットワークに接続します
  7. 「ホームボタン」と「スリープボタン」を同時押し→iOS/Androidデバイスを強制的に再起動します
  8. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から「Twitter」アプリを上にスワイプし、動作を停止します