脱獄済みiPhoneの20万台がマルウェア『KeyRaider』に感染中!AppleIDやアプリの無断購入などの被害も!

 先日、ars technicaというサイトによると、Appleから発売されている最新モデル『iPhone6Plus』や『iPadAir2』などのiOSデバイスのログイン用アカウント「約225,941件」が完全脱獄(Jailbreak)後に悪意のあるマルウェアウィルス『KeyRaider』に感染したとの報告がされています。

 

 

 同サイトによると、このマルウェアに感染した場合、iOSデバイスを外部からロックを掛けたり、AppStore内にて購入したアプリの履歴、持ち主に無断で無料・有料アプリを購入するなどの被害が中国、フランス、ロシア、日本など18カ国で報告されているそうです。

 完全脱獄(Jailbreak)は、iOSデバイス内のセキュリティホールを利用し、Apple側が設けている制限を撤廃し、公式サポート外の脱獄アプリを動作させるため、本来のセキュリティレベルよりかなり低くなるのはご存知だとは思うのですが・・。