【解決】GooglePlay開発者サービスがバッテリー異常消費するバグ不具合障害の対処方法

  GoogleからAndroidスマートフォンタブレット向けに提供されている最新バージョン「Android6.0」や以前のバージョン「Android5/4」にアップデート後に「プリインストールされている標準アプリ「Google開発者サービス」が原因でバッテリーの異常消費するなどのバグ不具合障害エラーが一部のユーザー間で発生しているそうです。

 

 下記が『「GooglePlay開発者サービス」が原因でバッテリーが異常消費するバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「電池バッテリー」、もしくは「設定アプリ」→「電源管理」→「電池使用量」からアプリを確認します
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→「すべて」→「GooglePlay開発者サービス」を選択→「キャッシュを消去」を選択します
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→「すべて」→「GooglePlay開発者サービス」を選択→「容量を管理」→「データをすべて消去」を選択します
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→「すべて」→「GooglePlay開発者サービス」→「アップデートのアンインストール」を選択します
  • Androidスマホやタブレット上で発生しているバグや不具合エラーが解決しない場合は下記の方法をお試しください
  1. 「ホーム画面」→「GooglePlayストア」の「検索」から不具合の発生している可能性が高いインストール済みのアプリを検索し、「アプリの詳細」画面からバージョンが対応していることを確認してください
  2. 「ホーム画面」→「設定」→「端末情報」→「バージョン」からAndroidのバージョンを確認してください
  3. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」→「設定」アプリを選択→「アプリ詳細」画面にて「ストレージ」を選択→「キャッシュを消去」を選択します
  4. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」→「設定」アプリを選択→「アプリ詳細」画面にて「強制終了」もしくは「強制停止」を選択します
  5. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」→「設定」アプリを選択→「アプリ詳細」画面にて「無効にする」を選択します
  6. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」からバッググラウンド上から起動しているアプリの中からアプリストア以外からインストールしたアプリを削除します
  7. 「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」からバッググラウンド上から起動しているアプリの動作を停止してください
  8. 「ホーム画面」→「設定」→「開発者オプション」から不要なアニメーションの動作を停止させ、本体の動作を軽くしてください
  9. 「ホーム画面」→「設定」→「壁紙」→「ライブ壁紙」以外のシンプルな壁紙に変更し、メモリ使用量を少なくしてください
  10. 「ホーム画面」→「設定」→「ストレージ」から容量が不足している場合は不要なファイルやデータをSDカードに移動してください
  11. 「ホーム画面」に配置されている「ウィジェット」を長押し→「ゴミ箱」に移動し、アプリケーションを削除します
  12. 「ホーム画面」の「戻るボタン(画面右下)」を選択→バッググラウンド画面から全てのアプリを横にスワイプし、ホーム画面から同じアプリを再起動後にもう一度行ってください
  13. 「電源(スリープ)ボタン」を長押し→「再起動」もしくは「電源を切る(シャットダウン)」を選択→本体を再起動後にホーム画面からもう一度試してください
  14. Android」スマートフォン・タブレット本体の横に差し込んでいる「SIMカード」が差し込まれていることを確認してください