【対処】ChromeでAdobeFlashPlayerを無効化できないバグ不具合障害の改善設定方法

   GoogleからWindowsMacを搭載したパソコン向けにリリースされている公式ブラウザ「GoogleChrome」を利用している際にYouTubeなどの動画投稿サイト内のコンテンツを再生する際に必要になるプラグインFlashPlayerを無効化にできないなどのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。

 下記が『【解決】GoogleChromeでAdobeFlashPlayerのページの再生を無効化できないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

  1. 「デスクトップ画面」→「GoogleChrome」を開く→右上の「三」マークを選択→「設定」→「詳細設定を表示」を選択します
  2. 「プライバシー」欄の「コンテンツの設定」→「プラグインを個別に管理」→「プラグイン」欄の「AdobeFlashPlayer」を「無効にする」を選択します
  3. 【追記】:再度「AdobeFlashPlayer」を有効化にする場合は、アドレスバーに「chrome://plugins」を入力し、プラグイン画面から「AdobeFlashPlayer」を有効化します
  • Windowsパソコン上で発生しているバグや不具合エラーが解決しない場合は下記の方法をお試しください
  1. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「再起動」または「シャットダウン」を選択し、パソコン本体の電源を落とし、再度「電源ボタン」を押し、本体を再起動してください
  2. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」から不要なアプリケーションや不具合の発生しているプログラムをアンインストールしてください
  3. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「WindowsUpdate」から最新バージョンがインストールされていることを確認してください
  4. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「ディスク領域の解放」を選択します
  5. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの詳細設定」→「パフォーマンス」→「詳細設定」から「仮想メモリ」の数値を変更してください
  6. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの保護」→「システムの復元」からバックアップから以前のデータから復元してください
  7. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「デバイスマネージャー」→「ドライバーの更新」を選択し、最新バージョンにアップデートしてください
  8. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「InternetExplorer」などのパソコン上で使用しているブラウザにて保存されている「閲覧履歴」や「キャッシュ」を削除してください
  9. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「マイコンピュータ」からハードディスク上に保存している不要なデータを削除してください
  10. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「更新プログラムのチェック」を選択し、バージョンを確認してください
  11. 「デスクトップ画面」→「タスクバー(画面右下)」からバッググラウンド上にて起動しているアプリやプログラムを停止してください
  12. 「Windows」を搭載したパソコン本体横に接続している周辺機器(ハードディスクやUSBなど)を外してください