【解除】Androidで自動的にスリープになる場合の対処設定方法

 Googleから配信されている最新バージョン『Android4/5/6』を搭載したスマートフォンタブレット(Nexus、Xperia、ARROWS、GALAXY、Zenfone、AQUOS、Huaweiなど)を利用している際に「画面が自動的にスリープ状態になり、ロック画面になる!しばらく触れないでいるとディスプレイが勝手に消える!スリープ時間を変更できない!自動消灯する!」どのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです 

 下記が『【解決】Androidスマートフォンタブレットで画面が自動的にスリープするバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末管理」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から最新バージョンにアップグレードします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「画面設定」→「スリープ」→「15秒、30秒、1分、2分、5分」などからどれかを選択します
  3. 「電源(スリープ)ボタン」と「音量ボタン」を同時押し→Androidバイスを強制的に再起動します