iPhone6Sのサムスン製「A9プロセッサ」に返品要求が発生中!バッテリー寿命が悪いのが原因?

 先日、聯合ニュースというサイトによると、韓国のSamsung社製「A9プロセッサ」が搭載された最新モデル『iPhone6S』や『iPhone6SPlus』を返品要求が台湾で発生していると報告しています。

 

 

 同サイトによると、Appleから発売されている最新モデル『iPhone6S』シリーズに搭載されている「A9プロセッサ」は、「Samsung」社と「TSMC」社の2社が製造しており、その中でもサムスン社が製造している「A9プロセッサ」は、TSMC社よりバッテリー寿命が悪いなどの報告がされています。

 ちなみに、サムスン製プロセッサとTSMC社プロセッサの割合は「4:6」となっており、Apple側がこれらの返品要求に対して一切応じていません。